子供の図工作品や絵って、どうしてる?家での上手な保管と処分の仕方




こんにちは、あおいです。


いよいよ本当に夏休みですね。


終業式が間近になり、小学校の下の子が授業につかう道具などを色々持ち帰ってくるようになりました。


もうちょっとしたら、図工で制作した工作物とか、画用紙に描いた絵なんかも持ち帰ってくると思います。


みなさんは、このような子供の図工作品や絵って、家でどうしていますか?


我が家は、これまでとりあえずは全てとっておくようにしていました。


上の子の子供部屋のクローゼットに下の子のぶんもまとめてしまっているのですが、

保育園時代のものから積み重なって、2人分でけっこうな量になります。


この間たまたま用事があってこの子供のクローゼットを開けたのですが、

クローゼットを占領するこの作品や絵たち、どうにかならないものでしょうか?

スポンサーリンク




子供の図工作品や絵を、上手に整理するコツ

子供が保育園や学校で作ったり描いてきた作品には、子供の頑張りがいっぱい詰まっていますね。


子供がもっと小さい幼児のころのなぐり書きとか、はじめて描いた“人らしきもの”(笑)なども

広告の裏だったり何気ないメモ帳の端とかですが、思い出がつまったりっぱな作品です。


そう思うと、どれもこれもなかなか捨てられないのが親心でしょうか。


でも、正直なかには「これって……いる? 汗」というレベルのものや、とっておいてもかさばって仕方のないもの

もあるんですよね。


今あらためて見てみると同じようなものがたくさんあったり・・・


ですのでこのちょうどいい機会に子供の作品やら絵やらを整理する方法を考えてみることにしました。

ステップ1  家族で鑑賞会

子供が図工作品や描いた絵を持ち帰ってきたら、家族で鑑賞会をひらきましょう。


鑑賞会なんていうと大げさかもしれませんが、家族みんなですごす時間に、お披露目するだけでいいんです。


持ち帰ってきてそのままはい、クローゼットの肥やしへ・・・なんて、せっかく頑張ってつくった作品なのに

もったいないですもんね。


「これステキ〜」 「ここがイイね」と褒めてあげれば子供も満足すると思いますし、

兄弟とも作品がそろったら、見せ合うのも楽しいのではないでしょうか。


作品がきっかけで家族の団らんが生まれるのも良いですね。

ステップ2  どうしても残したいものを吟味する

これまでは何となく捨てるのがいけないことのような気がして、とりあえずは全て保管していましたが、

自分なりにルールを決めて、残すものとそうでないものを分けます


たとえば学期ごとで何点ずつとか、立体物(作品)で何点・絵で何点、など。


収納スペースと相談しながら、決めたらどうでしょうか。

ステップ3  思い切って処分するものは写真に収める

ステップ2で残すものは決まると思いますが、それ以外は思い切って処分・・・もいいですが、


写真に納めておく、というのも手だと思います。


写真だったら、場所を取りませんよね。

実物が手元に残らなくても、写真として記録に残すことができます。


アルバムにはさんで、ちょっとしたコメントも残すようにしたらそれだけでも立派な作品です。

ステップ4 展示コーナーをつくる

残すものもそのまま押入やクローゼットに入れっぱなしでまったく日の目を見ないというのも、

せっかくの作品だからもったいないですよね。


家のどこかに、子供の作品専用の展示スペースを設けるのはどうでしょうか。


ポイントは、あちこちに散らばせるよりもコーナーとして一角を設けたほうが特別感がでて、

子供もよろこぶと思います。


そのほうがインテリアがごちゃごちゃせずスッキリするというメリットも。

ステップ5 展示コーナーは、ときどき展示替えもする

子供の図工作品や絵は吟味したといってもそれなりに点数が手元に残ると思います。


その中からスペースと相談しながら展示をしたら、期間を設けて展示替えをするのも

楽しいのではないでしょうか。


今現在の作品でなくても、幼いころのものとか、見ているだけで和みますよね。


そのころの我が子の写真と一緒に飾ったりしても、成長が感じられていいかもしれません。


子供と一緒にわいわい、何を飾るのか考えるのも楽しいと思います。

さいごに

我が家の子供の作品の整理はまだこれからですが、あらためて整理の仕方や工夫を考えてみると

なんとなくワクワクしてきました^^


ちょっとの工夫で、ふだんとはひと味ちがった親子の時間を共有できることにもなるし、

作品はしまいっぱなしにせずに、ぜひ今回考えたような方法をトライしてみたいと思っています。


みなさんもぜひ、子供の作品の整理の仕方を工夫してみてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする