子供の夏休み目前!今年は一研究一作品どうしよう?




気が付いたら1学期も残すところ1カ月を切りました。

ついこの間新学期が始まったばかりだった気がします。

ほんとあっという間ですね。


最近、小学校経由で夏休み向けのこども教室・講座なんかのお知らせプリントを
小学生の下の子がもらってくるようになり、

「そっか、もう夏休み^^;」 って気がつきました。


あと1カ月もしないうちに、主婦の頭を悩ますあの夏休みがやって来るんですね〜。

考えただけで、ああ、悩ましい……(´o`;

スポンサーリンク




夏休みに親が頭を悩ますものといえば何といっても一研究一作品



夏休みといえばあれですよ、アレ。

なんといってもアレ、「一研究一作品」の課題ですよ。


地域によってはないところもあるそうで、ないところがほんっと羨ましい。

夏休み何が大変かって、何をさしおいてもやっぱりこれなんですよね。

工作でも研究でもなんでもいいやん、とにかくカタチにして…

なーんて半ばやっつけで終えると、
夏休み後の展示見に行って他の子の出来栄え見てア然とするという…


そう、けっこう〜みんな気合いが入ってるんですよね。


これ明らかに親だろ?!ってツッコミはもちろんナシです^^;

見ればだいたい分かりますよね。親の手がガッツリ入ってるの。

でもなんだかんだ言って、やっぱ親次第なんですよね〜。

親の力によるところが大きい。

夏休みに入る前にあらかじめ親子でリサーチしておくとスムーズです



何をやらせるか?を決めるのと、

やると決めたことのサポート。

これはほんとに一仕事です。


毎年慌てることになるから、今から頭の片隅においてすこしずつ考えるようにします。


我が家は毎年工作(作品作り)しかしたことがありません。


今年は、研究はどうだろう??とも思っています。


たいそうなことじゃなくても、興味のあること何かスケッチブックにまとめたり…

何か良いアイデアないかしら⁈


どうせなら、子供も大人も親子で楽しんで取り組めるものが良いですよね。

夏休みも残り少なくなって、完成できなくて家族総動員でてんやわんや(´Д` )
…ってのは避けたいです。


少しずつリサーチ、進めていきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする