左利きは矯正したほうが良いの?左利きのままでも、子供の学校生活や勉強に支障はない?




こんにちは、あおいです^^


リビングの文房具入れを整理していたら、2人の子供たちの子供用ハサミが6本もでてきました。


保育園時代のものがそれぞれ1本ずつ、小学校入学時のものもそれぞれ1本ずつ、

あとはもう少し大きくなってから購入したものがそれぞれ1本ずつです。


もともと家用にあるオトナの(?)ハサミも3本くらい家中のどこかに散らばっていると思うので

ハサミだらけですね^ー^;


子供のが多すぎるのでちょっと減らそうと思っているのですが、

実はこれ、2人とも見た目はまったく同じデザインのものなんですが、


上の子のハサミは左利き用なんです。


わたしたちの子供のころって、左利き用のハサミなんてありましたっけ?

スポンサーリンク




昔は左利きを強制的に治された 左利きのわたしのブルーな思い出

実はわたしも、左利きです。


わたしが子供のころは左利きってものすごい肩身が狭いもので、

保育園や学校でえんぴつと箸だけは有無を言わさず治されました


(※たまたまわたしがそういう境遇だっただけかもしれません。

…が、けっこうわたしの年代は治されたという話をよく聞くのは確かです)


保育園では、わたしが左をつかっている度に先生が治しにくる。


友だちも、わたしが左をつかっているとはやし立てたり、先生に言い付けにいったりされました。


すごく自分が悪い子のようで、疎外感や仲間はずれ感、後ろめたい気持ちを感じていましたね。


そのせいか保育園の思い出といえばこれで、他に楽しかったこととか記憶にありません。

くら〜い保育園時代だったと思います。


わたし以外にも、もう一人左利きの女の子がいたんですが、

その子がなんと、早々に治って(治して)しまったんですよね。


その子のことも引き合いに出されて、ほんとすごく嫌でした。


その時の気持ちを思い出しただけでブルーになります…。

小学校低学年でえんぴつと箸は右利きに

家でも利き手のことは注意されていましたが保育園ほど厳しいものではなく、

おそらく保育園の先生から治したほうがよいと言われるから…という感じだったのではと思います。


(くわしく親に聞いてみたことはありませんが)


結局わたしの左利きは、保育園卒園するまでには治りませんでした


それから小学校に入学しても、小学校でも利き手のことは引き続き言われることになります。


自分だけちがう、それを指摘されるのが子供ながらにほんと嫌でしたね。


あまりよく覚えていませんが、多分練習も努力もそれなりにしたんだと思います。


低学年のころにはえんぴつと箸は右手を使えるようになっていました


ながながと書いてしまいましたが、これがわたしの子供のころの左利きエピソードです。

左利きって治さないといけないの? 今は無理に治すことは少ない

小学校低学年でえんぴつと箸を右利きに治されたわたしも、今は箸がまた左利きに戻っています


その他の動作も、右と左はごちゃ混ぜです。(ボール蹴るのは右、投げるのは左など)


ところで自分のことばかり書いていますが、本題は我が子(上の子)でした。


わたしと同様、子供も物心ついた頃からガッツリ左利きだと分かりましたので、

乳児検診や小児科の先生に治したほうが良いのか聞きました


そうしたら、「いまどきは自然でOK。使いたい手を使わせておけば良いよ」と言われました。


保育園に入ってからも先生に聞きましたが、同様の意見でしたね。


すごく嬉しかったのを覚えています。時代は変わったんだな〜と。


だって、自分の子供にあんな悲しい思いさせたくないですからね。

(あんな扱いははっきり言って“仲間はずれ”だと思う…)


最終的には親の判断とか方針によるところも大きいのかもしれませんが、

わたしはもちろん、自分の子供に治させるなんてことは論外でした。

今は左利きにもやさしい社会になっている 左利きグッズもたくさん

冒頭で紹介した我が家のハサミ事情のはなしに戻りますが、

わたしが子供のころって、左利き用のハサミなんてポピュラーではなかったと思うんですよね。


もしかしたらあったのかもしれませんが、保育園や学校では右利きが大前提でしたから

ハサミなんて有無を言わさず全員おそろいだったはず。


(くどいようですがわたしの境遇・地域や先生の方針がたまたまそうだっただけかもしれません)


でも我が子の時代は、保育園でも学校でも購入の際「右利き用か左利き用か」選択できるようになっていました。


今は、その他にも様々な左利き用グッズが出ていますね。


もちろん、なんでも標準は右利き用には違いありませんが。


ちなみに調理グッズでわたしが一番困るのは「缶切り」なんですが、これはホントに左利き用は有り難いです。

さいごに

たしかに左利きで困ることってまったくないわけではないですが、あってもちょっとしたことなんですよね。


今は保育園でも学校でも左利きを必要以上にとがめられることもないですし、

子供時代左利きで嫌な思いをしたわたしから言わせれば、子供の左利きは無理に治す必要がないと思っています。


左利きも立派な個性ですからね。


上の子が字を左手で器用〜に書いているのをみると、なんだかちょっとイイな、なんて

うらやましく思っているわたしです。


長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする