子供の歯並びこれって大丈夫?反対咬合、うちの子の場合




明後日は3ヶ月に一度の子供たちの矯正歯科受診日です。

うちの子供、2人とも歯並びの矯正で小児歯科にかかってるんです。

いわゆる、反対咬合ってやつです。
2人とも、見事に症状は同じ^^;

夫側の兄弟が幼いころ反対咬合だったそうなので、血筋によるものだと思います。

スポンサーリンク




上顎が引っ込んでいるのが原因で、日本人には多いタイプとのことです



いまから遡ることまずは長男くんが乳幼児だから2歳とか3歳の時かな?

…に、歯並びがおかしいって気づきました。


下の前歯が、ガッツリ上の前歯の上にかぶさっちゃってたんです。


そんな事聞くと、さぞしゃくれてたんだろう…^^;
なんて想像されるかもですが、まったく見た目フツーでそんな事はありませんでした。


発音がおかしいとかもなく、他に虫歯などの治療が必要になる事もなかったので、
歯医者そのものにかかるきっかけもなくてそのまま放置。


小学校あがって初めて歯医者にかかるきっかけができ、そこで初めて矯正を考えるようになりました。

(このきっかけというのがまた後日書きますが、長男は乳歯が抜けにくいタチのようでして、
この時も抜けずに裏から永久歯が生えてきてしまったためでした ^^;)


反対咬合にも色々あるようでして、うちの子の場合は下顎が出ているわけではなく、
上顎が引っ込んでいるという見立てでした。


上顎が引っ込んでいる⁉
あまり聞いたことがなく不思議でしたが、上顎の発達不足が原因だとかで、日本人には多いタイプだそうですよ。

(ってことは顔の中心というか鼻の下あたりが凹んでいるって事??って思いましたが、見た目はそんなでもなかったです)

上顎が引っ込んでいるタイプの反対咬合、治療方法は?



その子その子の程度によって治療は異なるかもしれません。

あくまでうちの長男の場合ですが、治療は夜寝る時だけマウスピースをはめるという方法です。

針金製で、上の歯にはめるとバネの力で歯を前方に押し出すんだそうです。


結構歯って、動くそうですね。 特に子供のうちは、でしたっけ?
(うろ覚えですが…でも発達途中の子供は柔軟性があるって事なんだと思う)

なんだか色々不思議ですね〜。こんなに歯って硬いのに。人間の体って色々不思議です。

そもそも治療(矯正)はほんとうに必要なのか?



そうそう、うちの子供の場合(反対咬合)の歯医者さんでの見立ては上に書いた通りですが、
そもそもそれで、治療(矯正)の必要が本当にあるのか?

…ってところは大事ですよね。


保険適用外だからお金もそこそこかかるし、やらなくて済むならそれに越した事はないですから…。


うちの子は、フツーに喋れて発音もおかしくないし、食べたり飲んだりも問題ないし(口も普通に閉じます)

実際のところどうなんだろう⁉ と治療を始める前は少し迷いました。


最後に決めるのは親ではありますが、その辺どうなんですか?って歯医者さんに聞きました。

そしたら、「1番はやはり容姿ですね。大人になったとき、これってどうですか?(あおいさんとしては)あり得ますか?」

…と言われ、納得しました。


下の前歯が完全に上の前歯にかぶさって、完全に隠してる。前歯がまったく見えません。
子供のうちは気にならなくても、大人でこれを想像したら……


…………あり得ない。か^^; という結論に至りました。


これって下の子の臍ヘルニアの時も医師に言われたっけ。


「確かに命に関係ないけど………普通に考えて、大人になってもこのおヘソって…あり得ますか?」って^^;

将来子供が大人になったときのことや状況まで考えて、親としてどうするのがベストか考えていかないといけませんね。

さいごに



あ、下の子の矯正の事を書くのを忘れるところでした。

下の子についてもガッツリ長男と同じく反対咬合なのですが、ただいま矯正開始のタイミング待ちです。

シーラントやフッ素、虫歯のチェックで定期的にかかりながら、様子を見てもらっています。

長男は小3くらいから開始したので、現在小2の下の子もそれくらいになるんじゃないかなあと思っています。

治療が始まったらまた様子をまとめますね。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする